2020年3月16日月曜日

【テレワーク推進支援】Chatwork「ビジネスプラン」または「エンタープライズプラン」1ヶ月間無償提供を開始、
ビデオ通話「Chatwork Live」もフリープランの1対1の上限数を緩和

ビジネスチャット「Chatwork」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜)は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」対策として、テレワーク・リモートワークを推進する企業を支援する目的で、本日2020年3月16日(月)〜4月30日(木)までの申し込み期間において、Chatworkの「ビジネスプラン」または「エンタープライズプラン」を1ヶ月間無償で提供するとともに、フリープランにおけるビデオ通話「Chatwork Live」の1対1の最大2名の参加者数の上限を緩和することをお知らせします。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、テレワーク・リモートワークの導入が急速に進んできています。また、移動の自粛などによる商談やイベントの中止や延期も増えてきています。

一方で、離れた場所での円滑なコミュニケーションがテレワーク・リモートワークの大きな課題となります。

当社では、このような状況から、テレワーク・リモートワークを推進する企業を支援する目的で、テレワーク・リモートワークを組織で簡単かつ安全に実現することができるChatworkの「ビジネスプラン」または管理機能を強化したい企業向けの「エンタープライズプラン」を、本日2020年3月16日(月)〜4月30日(木)までの申し込み期間において、1ヶ月間無償で提供いたします。

また、Chatworkの標準機能であるビデオ通話機能の「Chatwork Live」においては、通常、フリープランでは1対1の通話のみ可能でしたが、フリープランを利用のお客さまも、テレワーク・リモートワークで複数人でのビデオ通話をおこなうケースが多くなっていることから、ビデオ通話の参加数上限を有料プランと同等に緩和することといたします。
* フリープランにおける「Chatwork Live」1対1の上限数緩和につきましては、フリープランのChatwork利用中の全ユーザーに本日3月16日(月)17:00より4月30日(木)までの期間において適用されます。

新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を願うとともに、テレワーク・リモートワークを導入する企業皆さまが安心・安全に業務を進めるうえで、ビジネスチャット「Chatwork」が一助になれば幸いです。

当社は、今後もビジネスチャット「Chatwork」を通して、ビジネスコミュニケーションの円滑化や生産性の向上に貢献してまいります。

■Chatwork「ビジネスプラン」「エンタープライズプラン」1ヶ月無償提供について
https://lp.chatwork.com/ja/telework/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加