2019年3月28日木曜日

Chatwork、新経営体制および役員人事に関するお知らせ
ーより機動的・戦略的な経営環境を構築し、事業成長の加速化を図るー

(前列左から)山口勝幸、山本正喜、井上直樹
(後列左から)小沼晴義、福田升二、村田雅幸、春日重俊、西尾知一、宮坂友大、山田啓之、菅井毅

ビジネスチャット「Chatwork」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜)は、本日開催した株主総会および取締役会において、事業成長の加速化とコーポレートガバナンス強化のため、下記のとおり役員人事を決議し、同日付で就任いたしましたのでお知らせします。

■ 新経営体制
今回の役員人事では、新たに取締役1名と執行役員を2名、監査役を1名選任しております。

1. 取締役の異動

2. 監査役の新規就任

3. 執行役員の新規就任

4. 新経営体制(1)執行体制

4. 新経営体制(2)社外役員

■ 新経営体制の目的
当社は、2004年の会社設立以降、2015年、2016年の2度に渡り総額18億円の資金調達を実施し、事業を拡大してまいりました。2018年6月に山本正喜が取締役CEO兼CTOに就任してからは、コーポレートミッションを刷新し、より多角的な事業継続性の強化を図っています。

当社はこれまでの成長をさらに加速させ、変化のスピードが速いビジネスチャット市場を牽引すべく、この度の経営体制の変更を通して、より機動的かつ戦略的な経営環境の構築を目指します。新しい経営体制では、さらにChatwrok事業を拡大させるため、迅速な経営判断を実行していくとともに、コーポレートガバナンスを充実させ、業務執行における監視・監督の強化を図ってまいります。

取締役および執行役員は、経営における重要な意思決定や事業の推進に注力し、監査役と連携しながらChatworkのリスクマネジメントとコーポレートガバナンスを強化することで、企業価値を高め、中長期経営目標の達成に向けて尽力してまいります。

■ 新任役員の略歴
取締役兼執行役員CFO 井上直樹
早稲田大学卒。戦略系コンサルのローランドベルガーやデル等を経て、2008年リクルートに入社、新規事業開発やM&Aに従事。2012年にIndeed買収を担当、その後PMIのためアメリカに駐在、2015年からはTreatwell買収後のPMI担当としてイギリスに駐在。帰国後2017年11月よりCFO としてChatworkに入社。2019年3月取締役CFOに就任。

社外非常勤監査役 村田雅幸
1991年大阪証券取引所に入社。2003年同所執行役員に就任し、大証ヘラクレス市場の立ち上げ責任者となる。東証・大証の統合後、2013年6月東京証券取引所執行役員に就任、上場推進部門などを担当する。2018年4月よりPUBLIC GATE LLCを設立し、上場を目指す経営者のメンタリングをおこなう。2019年3月にChatworkの社外非常勤監査役に就任。

執行役員兼開発本部長 春日重俊
明治大学経営学部を卒業後、電通国際情報サービスに入社、大手企業の基幹会計システム導入の経験を積む。その後リクルートに入社、新規事業の業務に従事し、組織マネジメント・サービス企画・BPRなどに携わり、2016年1月にChatworkに開発本部長として入社。2019年3月に執行役員兼開発本部長に就任。

執行役員兼コーポレート本部長 西尾知一
京都大学文学部卒業。2001年日本放送協会入局、放送記者として、司法、自治体、スポーツなどを取材。2007年シナジーマーケティングに入社、IPO業務に携わり、その後管理本部長としてコーポレート業務全般を統括、バックオフィスからM&Aまで幅広い分野に従事。2017年より、Chatworkに入社し、2019年3月より執行役員に就任。

役員全員の略歴はコーポレートサイトをご確認ください。

〈役員紹介ページ〉
https://corp.chatwork.com/ja/management-team/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加