2018年10月10日水曜日

ビジネスチャット「チャットワーク」が600以上のサービスと連携可能なIFTTTに対応〜メールやカレンダー、ワークフロー、ハードウェアなどのサービスとチャットワークの連携を実現、IoT化の促進、業務効率化や生産性向上に寄与〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークがIFTTT(イフト)に対応したことをお知らせいたします。

IFTTTは、さまざまなウェブサービス同士を連携、自動化できるサービスです。ChatWorkは600以上のサービスと連携できるIFTTTを通じ、外部のサービスからチャットワークへの通知を可能にしました。

本対応により、メールやカレンダー、ワークフロー系とのサービス連携に加え、ハードウェアや音声デバイスとの連携も可能となります。例えば各SNSでコメントが届いたらチャットワークに通知したり、Google Homeからチャットワークに通知したりと、さまざまな用途で連携ができます*。

ユーザーはIFTTTを活用すれば、利用制限なしで無料で外部サービスとチャットワークとの連携が可能になるため、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)化の促進にもつながり、業務効率化や生産性向上に寄与します。

■IFTTTで連携可能になる外部サービス例
・メール(Gmail、Office365 Mailなど)
・カレンダー/ToDo管理(Google カレンダー、Office365 Calendar、iOS Calendar、Trelloなど)
・SNS/ブログ(Twitter、Facebook、Instagram、RSSなど)
・ニュース/天気予報など(The New York Times、Weather Undergroundなど)
・ファイル/ドキュメント管理(Google ドライブ、Dropbox、Google スプレッドシート、Evernoteなど)
・音声デバイス/IoT(Google アシスタント、MESH、インテリジェントホームなど)

ChatWorkは外部サービスとの連携の強化を通して、今後もユーザーがより働きやすい環境にすべく、連携サービスをさらに追加していく方針です。

*「エンタープライズ」プランでIP制限を設定している場合は利用できません。

2018年10月4日木曜日

ビジネスチャット「チャットワーク」のiPad版がUI刷新〜建築や介護、飲食業界でのペーパーレス化とICT化に伴い、iPadからのチャットワーク利用が増加〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークのiPad版のUIを刷新したことをお知らせいたします。

■アプリダウンロードサイト *
https://go.chatwork.com/ja/download/

チャットワークでは、2011年8月にブラウザ版で初めてiPadに対応し、2011年9月にiOS版アプリの提供を開始してからはアプリのアップデートとともに機能拡充や改修をおこなっています。

現在チャットワークの利用はPCとモバイルの併用するユーザーが大半を占めていますが、昨今、建設業界や介護業界でペーパーレス化、ICT(Information and Communication Technology)化の促進などを目的にiPad普及が進んでおり、iPadからチャットワークを利用するユーザーも増えています。

iPadはPCよりも比較的使い方が容易なため、これらの業界では若手に限らず中高年層もiPadからチャットワークを介してコミュニケーションをとったり、現場での状況説明にビデオ通話を利用するシーンが増加しています。また、建設や介護業界に加え、飲食業界ではPCよりも比較的コストが抑えられるiPadを店舗ごとや従業員に支給し、チャットワーク上で仕入れの受発注状況の情報共有やシフト管理をするなどの活用が進んでいます。

今後は大型施設の建設や関連するインフラ整備などにより、建設業界では特に情報共有やコミュニケーション効率化の需要が高まり、現場のICT化も加速する見込みで、iPadからのチャットワークの利用も増加すると予測しています。

ChatWorkは今後もユーザーの要望や利用環境を分析しながら、チャットワークのプロダクト品質の向上に努めてまいります。

* iOS版アプリをiPadにインストールすることでiPadに最適化されたUIでチャットワークを利用できます。本アップデートは10月4日ー10月10日にかけてiPadでチャットワークを利用中の全ユーザーに順次反映されていきますが、手動でアップデートする場合は、アプリダウンロードサイトより最新のiOS版アプリをダウンロードすることができます。

2018年8月30日木曜日

ビジネスチャット「チャットワーク」、モバイル版アプリでビデオ通話の提供開始〜「ビジネス」プランと「エンタープライズ」プランの利用者を対象に、iOS版アプリで本日より提供開始、Android版アプリも9月上旬より提供予定〜

ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークの「ChatWork Live」機能(ビデオ通話/音声通話)において、「ビジネス」プランと「エンタープライズ」プランの利用者を対象にモバイル版アプリでもビデオ通話の提供を開始しました。まずはiOS版アプリより提供を始め、Android版アプリも9月上旬より提供を予定しています*。

■アプリダウンロードサイト**
https://go.chatwork.com/ja/download/

チャットワークの4大機能のひとつである「ChatWork Live」機能は、ブラウザ版およびデスクトップ版で以前より提供をしています。サービスの提供を開始して以降、チャットワークは通話機能の品質改善や機能拡充をおこない、直近では、8月8日にブラウザ版とデスクトップ版のビデオ通話のUI(ユーザーインターフェース)を刷新しました。

モバイル版アプリおいては、2017年6月に音声通話の提供を開始し、通話機能をさらに強化すべく、この度ビデオ通話機能を新たに搭載しました。PCやタブレット端末、スマートフォンなど、すべての端末でビデオ通話が可能になったことにより、PC同士でなくとも端末を問わずにビデオ通話ができるようになります。

モバイル版アプリのビデオ通話機能は、ブラウザ版、デスクトップ版と同様に、自分を除いた複数人のチャットワークユーザーと同時に顔を映しながら通話が可能です。また、インカメラ・アウトカメラに切り替えることができ、外の映像を映しながら会話もできます。

ビデオ通話を開始するには、チャットワークのメッセージ入力欄の上にある「ビデオ」アイコンをクリックした後、通話をしたいユーザーを選び、「ビデオ通話」 ボタンを選択します。通話に招待されたユーザーは着信音で通知が届くので、「スライドで応答」部分をスライドさせると通話に参加することができます。


ChatWorkは今後もユーザーの通話機能の品質向上に努めてまいります。

*iOS版アプリは8月30日ー9月5日にかけて、Android版アプリは9月5日ー7日にかけて、「ビジネス」プランと「エンタープライズ」プランを利用中の全ユーザーに順次反映されていきます。ユーザーによって、反映されるタイミングに差が出ることがあります。
**手動でアップデートする場合は、アプリダウンロードサイトよりビデオ通話機能を搭載した最新のiOS版アプリをダウンロードすることができます。Android版アプリは9月7日より最新版のダウンロードが可能です。

2018年7月31日火曜日

ディノス・セシール がビジネスチャット「チャットワーク」を導入〜「アナログ」資産を強みとする総合通販の大手老舗企業のEC部門がITインフラを活用した業務効率化を目指しチャットワークを採用〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークが株式会社ディノス・セシール(以下「ディノス・セシール」)に導入されたことをお知らせいたします。

2018年7月2日月曜日

ガーデンがビジネスチャット「チャットワーク」を全社導入〜アルバイトスタッフ約3,000人もチャットワークのフリープランを利用することを決定〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークが2018年7月1日に株式会社ガーデン(以下「ガーデン」)に全社導入されたことをお知らせいたします。

2018年6月29日金曜日

ジャパンネット銀行がビジネスチャット「チャットワーク」を導入〜緊急時や災害時の対策強化のため、勤務時間外でも迅速にコミュニケーションが取れるチャットワークを採用〜

ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークが2018年6月30日からジャパンネット銀行に導入されることをお知らせいたします。

2018年6月5日火曜日

滋賀県教職員組合が公式コミュニケーションツールとしてビジネスチャット「チャットワーク」を導入〜2018年9月を目処に滋賀県教職員組合の全支部に導入予定〜

ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役CEO兼CTO:山本正喜、以下「ChatWork」)は、チャットワークが滋賀県教職員組合に導入されましたことをお知らせいたします。本組合はチャットワークの導入を2017年9月より湖南支部で試験的に導入した後にこのたびの正式導入となりました。今後は、2018年9月を目処に全支部への導入を推進していく方針です。

2018年5月31日木曜日

ChatWork、新社長就任のお知らせ


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、以下ChatWork)は本日、代表取締役CEO山本敏行(やまもととしゆき)が2018年6月1日付で辞任し、後任として専務取締役CTO山本正喜(やまもとまさき)が新たに同日付けで代表取締役CEO兼CTOに就任することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

2018年5月17日木曜日

ChatWork、「谷上プロジェクト」の拠点となるコラボレーションスペース「.me(ドットミー)」を5月21日に開設〜ガバメントクラウドファンディングで集めた寄附金を活用してスペースを運営〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下ChatWork)は、「挑戦と変化」​を生み出す「谷上プロジェクト」の発起人として、拠点となるコラボレーションスペース「.me(ドットミー)」を5月21日(月)に開設します。スペースの設備購入および運営には谷上プロジェクトの活動第1弾であるガバメントクラウドファンディング「Readyfor ふるさと納税」で募った寄附金を活用しています。

2018年5月2日水曜日

ChatWork、「谷上プロジェクト」の活動第1弾、ガバメントクラウドファンディングの目標金額178%達成〜兵庫県での活動に対する支援で史上最高額を突破、目標金額1,500万円を大きく上回る26,748,000円で終了〜

ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下ChatWork)は、谷上プロジェクトの活動第1弾であるガバメントクラウドファンディング「Readyfor ふるさと納税」を活用したプロジェクトにおいて、目標金額1,500万円を大きく上回る26,748,000円、達成率178%で終了しました。

2018年4月2日月曜日

ChatWork、「谷上プロジェクト」の活動第1弾、ガバメントクラウドファンディングの目標金額 1,500万円を突破〜終了日の1ヶ月前に目標達成〜

*4月2日10時時点のキャプチャ画像

ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下ChatWork)は、「谷上プロジェクト」の活動第1弾であるガバメントクラウドファンディングの目標金額1,500万円を、終了日である5月1日よりも1ヶ月早い4月1日に達成しました。

2018年3月27日火曜日

ChatWorkがサイボウズと協業し、チャットワークとkintoneのプロダクト連携を実現〜サイボウズ製品をSaaS・ASP等の形式で提供するパートナーとして、ChatWorkが「サイボウズ オフィシャル アライアンスパートナー」の認定取得〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下ChatWork)は、サイボウズ株式会社(本社:東京中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下サイボウズ)と協業し、サイボウズが提供するビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」とチャットワークのプロダクト連携をいたしました。また本連携を通して、ChatWorkはサイボウズ製品をSaaS・ASP等の形式で提供するパートナーとして、「サイボウズ オフィシャル アライアンスパートナー」の認定を取得しました。

2018年3月5日月曜日

ChatWork、IVSと販売代理店契約を締結〜ベトナムのビジネスチャット市場開拓とチャットワークの普及強化を目指す〜


 ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下ChatWork)は、ベトナムの日系ソフトウェア開発会社であるIVS Co., Ltd.(本社:ベトナムホーチミン、代表取締役: 浅井崇氏、以下IVS)とチャットワークの取り扱いにおける販売代理店契約を締結しましたのでお知らせいたします。

2018年3月1日木曜日

ChatWork、変化を起こすコミュニティづくりを推進する「谷上プロジェクト」を始動〜第1弾としてコラボレーションスペース開設のためのガバメントクラウドファンディングを開始〜


 ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下ChatWork)は、CEOの山本敏行を発起人として、日本をワクワクさせるような「挑戦と変化」​が生まれる「谷上プロジェクト」を始動します。また、ChatWorkは本プロジェクトの活動の第1弾として、人が集まり化学反応を起こすコラボレーションスペース「.me(ドットミー)」開設のための資金1,500万円を集めることを目標に、「Readyforふるさと納税」にてガバメントクラウドファンディングを本日より開始します。

2018年2月8日木曜日

九州大学起業部で起業プロジェクトの円滑化を目的にビジネスチャット「チャットワーク」を導入〜学生ベンチャーを創出する部活の公式コミュニケーションツールとして導入〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下「ChatWork」)は、このたびチャットワークが九州大学起業部に公式コミュニケーションツールとして導入されましたのでお知らせいたします。

大和証券が金融業界の働き方改革推進を目的にビジネスチャット「チャットワーク」を導入 〜グループ会社への導入も視野に入れ、より多様な働き方の実現の追求へ〜


ビジネスチャット「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下「ChatWork」)は、このたびチャットワークが大和証券に導入されましたのでお知らせいたします。

2018年1月19日金曜日

ChatWork、「第18回テレワーク推進賞」のテレワーク促進部門で「奨励賞」を受賞〜企業の働き方改革支援として、テレワーク導入の普及活動に貢献〜


ビジネスチャットツール「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下「ChatWork」)は、このたび一般社団法人日本テレワーク協会が主催する「第18回テレワーク推進賞」のテレワーク促進部門において、「奨励賞」を受賞したことをお知らせいたします。

2018年1月16日火曜日

ChatWork、ビジネスチャット「チャットワーク」において「ユーザー移行機能」の提供開始〜「エンタープライズ」プランを対象に、ユーザーのプロフィール、チャット履歴、 ファイルなど、ユーザー情報を削除することなく異なる組織間でデータ移行することが可能に〜


 ビジネスチャットツール「チャットワーク」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatWork株式会社(本社:大阪府吹田市、CEO:山本敏行、以下「ChatWork」)は、このたびチャットワークにおいて、「エンタープライズ」プランの利用企業を対象に「ユーザー移行機能」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。